【 月夜の散歩 】 は、日々の生活の中での出来事や、好きな物などをマイペースに綴った日記ブログです。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

清楚な白い胡蝶蘭

2014-03-24 Mon 01:17

毎年2月位になると胡蝶蘭が咲きます。
花が咲いている期間が長く、2ヶ月位の間花が少なくて寂しい冬の室内で、奇麗に咲いて楽しませてくれます。
花が咲いた後に根元で切らずに下から4節位の所で切ると、切り落とした節の下からまた茎が出て来て、夏の前頃まで2番目の花を咲かせます。
2番目の花は1番目の花よりも少なく、胡蝶蘭も疲れてしまうようなので、ここ数年は1度咲いたら根元から切るようにしています。

そんなに手を掛けないので売っている胡蝶蘭の様には豪華になりませんが、白くて清楚な花がとても可愛いです。
水は鉢の中の水苔が乾いてからあげています。水やりを忘れて、水苔がカラッカラになる位の方が元気でいてくれるので、少々ズボラな私にはピッタリの花です(^^;)
陶器の鉢は素焼きの鉢に比べて通気性が悪いので、水苔にバークチップを混ぜ空気が入りやすくしています。
花が終わって5月頃に植え替えをする際に、古くなった水苔やバークチップ、腐って茶色くなった根を取り除いてあげます。肥料は液体肥料を気が向いたときに…って感じですが、他の植物と同様に夏の間は控えます。

東南アジアなどの熱帯地方の花ですが、夏は直射日光に当たらない様に、日陰の風通しの良い所に出してあげます。
真夏に外に出した時は、葉の温度が熱くなっていないか手で触って確認して、熱くなっていた時はじょうろで水をかけて冷やすこともあります。

自然のままの形が好きなので、支柱はいつも立てずに延びたい方向へ延びてもらっています。


胡蝶蘭

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭全体の花言葉は「幸せが飛んでくる」や「変わらぬ愛」ですが、色によって含まれる意味が違います。
白は「清純」、ピンクは「あなたを愛します」という意味を持っています。
胡蝶蘭の学名は「ファレノプシス」と言い、ギリシャ語で「蛾のような」という意味ですが、花言葉や花の美しさから考えると蛾というより蝶のようなイメージがします。


胡蝶蘭アップ

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<うさぎの耳の形をした多肉植物 「月兎耳」 | 月夜の散歩 | 冬のベランダを彩ってくれたパンジーたち>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 月夜の散歩 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。