【 月夜の散歩 】 は、日々の生活の中での出来事や、好きな物などをマイペースに綴った日記ブログです。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ミックスグッピーとコリドラスパンダ

2014-03-29 Sat 11:05

我が家では、ミックスグッピーとコリドラスパンダを飼っています。
グッピーは近所のホームセンターで安く購入しました。
当初は熱帯魚ではなくメダカを買いに行ったのですが、奇麗な尾ひれをヒラヒラさせて泳ぐ熱帯魚を見て、娘が「こっちがいい!」と…。メダカは度々飼っていたので、試しに熱帯魚にしてみようかと思って飼い始めました。
コリドラスパンダは熱帯魚専門店のタイムセールで購入しました。平たいワゴンに乗せられて、狭いビニール袋の中、体長2センチにも満たない小さなコリが5匹入っていました。

熱帯魚の飼育は、想像を遥かに超えてとても大変でした!
おそらく病気を持っていたのでしょうか、それらを治療する所から始まりました。
メダカで病気を経験した事が無かったので、全く知識も何も有りませんでした。
グッピーでは白点病、マツカサ病、腹水病…など、よく有る病気は一通り経験し、結局治してあげられたのは白点病のみでした。ホームセンターでの魚の購入は、しっかり観察して注意が必要ですね…

コリは特に病気はありませんでしたが、元々体が小さくなかなか大きくなれない子が☆になりました。

水を奇麗にしてくれるバクテリアが増えるまで水の管理がとても重要だという事で、水槽立ち上げの頃は立て続けにこれらの病気になりましたが、最近は病気もしなくなり、やっと落ち着いて楽しめるようになりました。


水槽

グッピーの餌は、グッピーフードの他に冷凍赤虫をたまにあげています。

冷凍赤虫

四角いブロック状に赤虫を凍らせてあるので、これを1ブロック、飼育水で解凍します。

赤虫解凍

初めはとても気持ち悪かったのですが、今ではすっかり慣れました(^^;)

解凍後、割り箸でつまんで直接水槽に落とします。
グッピーは食欲旺盛なので、割り箸を入れるとすぐに寄って来て箸からそのまま食べます。


お魚割り箸で赤虫をあげるところ

コリも赤虫が大好きなので、グッピーに取られない様にコリの近くに赤虫を落としてあげます。すると、もぐもぐ一生懸命に食べます。

おさかなお食事

コリの普段の餌は【ひかりクレスト キャットフィッシュ用】のタブレットです。他のタブレットも試したのですが、他のコリタブが堅くてなかなか食べられないのに対して、これは水中でスポンジ状に柔らかく膨らむので食べやすいようです。赤虫もヒカリキャットもよく食べてくれます。

コリえさ

我が家のコリは小さいので、これをカッターで細かく切り、コリの口に入りやすくしてあげます。
…が、コリがのんびり食べようとする所にグッピー達が団体で押し寄せ、コリの餌を横取りしてしまうのが困ります。
赤虫はグッピー達も飲み込むのに少々時間が掛かるので、グッピーがもぐもぐしている間に、コリにも何とか行き渡るようです。


スポンサーサイト

別窓 | おさかな | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

奇麗な紫色のはなにらの花

2014-03-28 Fri 01:42

昨日、娘が学校帰りに近所の空き地で、はなにらの花を摘んで持ち帰って来ました。
この時期になるといつも持ち帰って来るので、「あぁ、もうそんな時期なんだなぁ」という感じです。
紫色の花がとても奇麗です。
はなにら(花韮)は、ヒガンバナ科、ハナニラ属の多年草です。
原産地はアルゼンチンで、日本では明治時代に園芸用に伝わったものが野性化しました。
【ベツレヘムの星】とも呼ばれ、英名は【 Spring star 】と言います。星形の花の形が可愛いですよね。
葉にはその名の通り、にらのような香りがあります。


はなにら

花を裏から見ると、下の部分が筒状になっています。

はなにら裏

昨日は天気が良かったので、咲いているところを写真に撮りに散歩に出掛けました。

はなにらたくさん

近くにタンポポも咲いていて、春を感じました。
周りのピンク色の花は、ほとけのざか、おどりこそうか…見分けがつきませんでした(^^;)


たんぽぽ

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

うさぎの耳の形をした多肉植物 「月兎耳」

2014-03-24 Mon 02:25

近所の園芸店で一目惚れして我が家へ。
お店での商品名は「うさぎのミミ」でした。細かい白い毛とうさぎの耳に似た形から、この商品名で流通しているそうです。
「月兎耳(ツキトジ)」が本来の名前です。


月兎耳

どんな植物なのか調べたところ、カランコエの仲間という事が分かりました。
私のカランコエのイメージは、黄色、オレンジ、ピンク、赤などの小さな花が可愛らしい鉢花…という感じだったので、色々な種類がある事に驚きました。


カランコエ本の写真

家にあった園芸の本の写真はこんな感じです。カランコエは今まで育てた事が無いのですが、興味が出てきました。

別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

清楚な白い胡蝶蘭

2014-03-24 Mon 01:17

毎年2月位になると胡蝶蘭が咲きます。
花が咲いている期間が長く、2ヶ月位の間花が少なくて寂しい冬の室内で、奇麗に咲いて楽しませてくれます。
花が咲いた後に根元で切らずに下から4節位の所で切ると、切り落とした節の下からまた茎が出て来て、夏の前頃まで2番目の花を咲かせます。
2番目の花は1番目の花よりも少なく、胡蝶蘭も疲れてしまうようなので、ここ数年は1度咲いたら根元から切るようにしています。

そんなに手を掛けないので売っている胡蝶蘭の様には豪華になりませんが、白くて清楚な花がとても可愛いです。
水は鉢の中の水苔が乾いてからあげています。水やりを忘れて、水苔がカラッカラになる位の方が元気でいてくれるので、少々ズボラな私にはピッタリの花です(^^;)
陶器の鉢は素焼きの鉢に比べて通気性が悪いので、水苔にバークチップを混ぜ空気が入りやすくしています。
花が終わって5月頃に植え替えをする際に、古くなった水苔やバークチップ、腐って茶色くなった根を取り除いてあげます。肥料は液体肥料を気が向いたときに…って感じですが、他の植物と同様に夏の間は控えます。

東南アジアなどの熱帯地方の花ですが、夏は直射日光に当たらない様に、日陰の風通しの良い所に出してあげます。
真夏に外に出した時は、葉の温度が熱くなっていないか手で触って確認して、熱くなっていた時はじょうろで水をかけて冷やすこともあります。

自然のままの形が好きなので、支柱はいつも立てずに延びたい方向へ延びてもらっています。


胡蝶蘭

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭全体の花言葉は「幸せが飛んでくる」や「変わらぬ愛」ですが、色によって含まれる意味が違います。
白は「清純」、ピンクは「あなたを愛します」という意味を持っています。
胡蝶蘭の学名は「ファレノプシス」と言い、ギリシャ語で「蛾のような」という意味ですが、花言葉や花の美しさから考えると蛾というより蝶のようなイメージがします。


胡蝶蘭アップ

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

冬のベランダを彩ってくれたパンジーたち

2014-03-24 Mon 00:09

ここ数日昼間はとても暖かくなり、やっと春が来ました。
冬の間寂しくなってしまうベランダに彩りを添えてくれたパンジー達です。


ビオラの寄せ植え。
小さい花が可愛くて大好きです。


ビオラ

こちらはパンジー。ここ数日の強風で倒されてしまいました(T_T)…
ニュアンスカラーが奇麗だったのに残念。


ワインレッドパンジー

白いパンジー。パンジーやビオラは白やワインレッド、チョコレート色等、微妙な色合いのものが好きです。

白パンジー

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の散歩 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。