【 月夜の散歩 】 は、日々の生活の中での出来事や、好きな物などをマイペースに綴った日記ブログです。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

猫の避妊手術

2015-07-07 Tue 00:36

もう3ヶ月ほど前の事なのですが、
猫たちが避妊手術をしまして、
その時の事をまとめてみました。


術後服がダメそうだったので、
カラーを買いに行ったのですが、
ちょうど良いサイズが無かったので、
クリアファイルで作ってみました。

手作りカラー


このカラーは、マスキングテープで首回りをカバーしたのですが、
もし次にまた作る機会があったら、
もっと柔らかい素材で首回りを巻いた方が良かったです。
カラーの痕が、けっこうついてしまいました。

あと、外側の円周部分も、
テープで巻いた方が良かったです。
でも、透明なので、周りは見えやすかったみたいです。


月は術後、まるで手術をしていないのではないか、
というほど元気でした。

術後月

二日後月



星は、動くのが辛そうでした。
その子によって、全然違うんですね。。。

術後星


星は、3日くらいは辛そうにしていました。

手術の夜星


3〜4日かけて、徐々に楽になっていった感じでした。

二日後星


友人から、布製の柔らかいカラーを頂きました。
軽くて、首回りも柔らかかったです。

布製カラー

布製カラー月


ただ、周りが見え辛い為、いつもはおトイレを失敗しない星も、
度々おトイレを失敗してしまい、
足を頻繁に洗いました^^;

足を洗う


お風呂場で洗うと怖がるので、
洗面器にお湯を入れて、
バスタオルを膝の上に敷き、
猫は膝の上で抱っこしてお湯を足にかけながら、
優しく洗ってあげます。

お湯を持ってくると、洗面器に群がります^^;

濡れるカラー


猫の退院の日に、昼間、雪ちゃんが目を怪我したので、
猫たちのお世話をしながら、
うさぎさんにもお薬を飲ませて、
目薬をしていました・・・^^;

月星と雪


布のカラーが汚れて洗っている間、
カップ麺のカップでカラーを作ってみました。

どん兵衛カラー


星は、緑のたぬき・・・
顔もたぬきっぽいし。

どん兵衛星


カップ麺のカップでカラーを作っている方は、
けっこう多いみたいなのですが、
月には向かないようでした。

何とか抜こうとして、前足が中に入ってしまったり、
カップも3時間ほどで割れて壊れてしまいました。

どん兵衛月


一番使いやすかったのは、布製のカラーだったのですが、
一週間を過ぎると、どうすれば傷跡に口が届くか、
猫も学習してしまって、傷口を舐めるようになってしまったので、
結局、術後服を着せる事になりました。
病院からは、抜糸は術後2週間後、と言われていました。

術後服星


手術前に術後服の練習をした時は、
全く動けずにいた星ですが、
今回は着る必要があると分かっているのか、いないのか・・・^^;
ちゃんと、服を着てご飯も食べて、
おトイレも行っていました。


胃腸炎の時は、会社をお休みしましたが、
今回は病気じゃ無かったので、
お仕事は普通に行きました。

途中、4月だというのに季節外れの雪が降った日もありました。

 4月8日雪


月も傷口に口が届いてしまうようになり、
赤くなってしまったので、
病院で消毒してもらいました。
病院で用意してあった術後服を、試しに着せて頂きました。

レッグウォーマーのような伸縮性のある生地に、
その子の体に合わせて、
脚と尻尾の部分に穴を開けたものでした。

病院術後服月


月は、手術前の術後服の練習の時に、
ストレスから胃腸炎になってしまった・・・のですが・・・
今回は、全然普通に着ていました!

何故だ???

胃腸炎どころか、普通にカリカリを食べておりました^^;

病院術後服月2


病院の服は、とてもシンプルで、
月になかなか似合っていたのですが、
生地の細い部分が切れてしまい、
なんと1日持ちませんでした・・・

結局、手術前に着せて、吐いてしまった服を着せる事になりました^^;

病院術後服


カラーでは、背中が隠れないので動きやすい為、
けっこう高いところまで登っていたのですが、
術後服では登れないので、
ダンボールで簡単なベッドを作ってあげました。

ダンボールベッド


10日を過ぎたあたりから、
もう運動しても大丈夫だろうと思い、
時々服を脱がせて、遊んであげました。

しばらく静かだった猫達がいつものように遊び始めると、
青くんが様子を見に来ていました(笑)

青くんと月


・・・こんな感じで、2週間過ごしていました。

今はすっかり毛も生えそろいました


スポンサーサイト

別窓 | ニャンコ | コメント:20 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

猫の胃腸炎

2015-05-25 Mon 01:08

こんにちは。
今回は、月ちゃんが胃腸炎になった時の様子をまとめてみました。

すごく長くなってしまい、すみません^^;


まず初めに、いつもの月ちゃんの様子を、
ご紹介させて頂こうと思います。


月ちゃんです。
怒っていなくても、
やたらと目力が有ります。
怖っ!!!

猫胃腸炎1


写真では星との区別が分かりづらいと思うので、
白い首輪で長い尻尾が月、
赤い首輪で短い尻尾が星、です。


仕事を始めると、必ず邪魔しに来ます。

猫胃腸炎2


釣竿系のおもちゃが好きで、
獲物はスッポンのように離さないので、
猫が釣れます。

猫胃腸炎3


家の真ん前がテニスコートなのですが、
毎朝、おばさま達の会話がとても気になる様で、
いつも人間観察をしています。

猫胃腸炎4


おもちゃは絶対独り占めします。
(※トンネルに入っているのが月)

猫胃腸炎5


独占して満足・・・。

猫胃腸炎6


星に袋をあげたところ、
すぐさまトンネルから移動した月。

猫胃腸炎7


(星)あたちにも貸して!
(月)ぜったいダメ!!!

猫胃腸炎8


月と星に一つずつキラキラボールをあげると、
(青と赤の小さいボール、見えますか?)
両方取る月。

猫胃腸炎9


うさぎさんにちょっかいを出すのが大好き。

猫胃腸炎10


青くんは優しいのであまり気にしませんが、
雪ちゃんは月を部屋から追い出します。
月は以前、雪ちゃんが発情中にちょっかいを出し、
(※雪ちゃんがせっせと牧草を運んで作っていた巣に、猫パンチしました)
怒った雪ちゃんに噛まれてしまい、
月と星よりも雪ちゃんの方が強くなってしまいました。

猫胃腸炎11


月はおトイレがとても下手で、
二回のうち一回はう◯ちを足にくっつけるので、
(またはそれ以上の割合で・・・というか、
たいてい足にくっつけます)
私がいつも足を洗っています。

いつも、砂ではなく、
空中をカキカキしているので、
う◯ちが隠れず、自分で踏みます。

はじめは足が濡れるのが嫌で、
暴れていましたが、
最近は大人しく洗わせてくれます。

猫胃腸炎12


雪ちゃんが目の調子が悪く、
目薬をしていると、
自分を構って! と、邪魔しに来ます。

猫胃腸炎13


甘えん坊なので、お母さんが恋しいのか、
私はよく揉まれます。

猫胃腸炎14


外出中は、ケージに入れて行くのですが、
帰ってきてから出してあげても、
ケージの天辺(高さ180センチ)に置いてあるベッドか、
ケージの中のハンモックでのんびりするのが、落ち着くみたいです。

猫胃腸炎15


・・・と、ここまで15枚も、
胃腸炎とは全く関係ない写真で来ましたが^^;

こんな感じで、マイペースで周りに全く気を使わないのが月です。

星は、
呼ぶと返事して走って来る、
朝は挨拶しに来る、
ボールを投げると持って来る、
寝るときは人が見える場所で寝る、
お客様が来るとお出迎えして部屋を案内し、遊んでもらう、
という感じで、
見た目は猫でも中身は犬な感じです。


うさぎさんの手術後、
猫たちの手術の準備を始め、
術後服を買いました。

尻尾が出る様になっているので、
着たままトイレが出来ます。

猫胃腸炎16


サイズが合うか着せてみたところ・・・

猫胃腸炎17


月は、異様に暴れました。
スーパーボウルのように跳ねまくり、
ガラス窓や壁にガンガンぶつかってパニックになったので、
慌てて服を脱がせました。

星は動き辛そうでしたが、暴れませんでした。

抱っこしたら、少し落ち着きました。
水色の服を着ている方が月です。

猫胃腸炎18


病院では、手術後服を着せると聞いていたので、
3分くらいから練習したところ、
数日後、服を着せたとたんに嘔吐したので、
術後服は諦めて、カラーにする事にしました。

この嘔吐をきっかけに、
1日何度も吐いて、食べられなくなる、
という状態になってしまいました。

猫胃腸炎19


病院は、この時期、狂犬病とフィラリアの予防接種で、
たくさんワンコちゃんが来ていて、
ワンコが苦手な月は大人しくしていました。

いつもはめちゃめちゃ鳴いてうるさいので、
ワンコちゃん達ありがとう・・・
という感じでした^^;

ちなみに、両目の間の傷・・・というか、
ちょっとハゲている所は、
雪ちゃんに噛まれた所です(苦笑)

猫胃腸炎20


いただいたお薬は、錠剤だったのですが、
月は口を押さえてもなかなか飲み込んでくれず、
何度も口に放り込んで、
口を閉じさせて押さえる、
という事をやっていると、
薬がどんどん溶けて小さくなってしまい、
全然体に入って行きませんでした。

猫胃腸炎21


粉にして水に溶かしてシリンジで、
という方法では、
口から薬を泡状にして、
ブクブク出していました。

猫胃腸炎22


全然薬を飲んでくれないので、
胃腸炎はなかなか良くならず、
うずくまってばかりいました。

猫胃腸炎23


体を伸ばして寝る事も出来ないくらい、
ずっと吐き気で辛そうでした。

猫胃腸炎24


このままでは体力が落ちてしまうので、
強制的に給餌する事にしました。

病院で頂いたペーストです。
中身はとても滑らかで、消化が良く、
高カロリーで栄養が有ります。

猫胃腸炎25


ただ、一つ問題だったのが、
月はお肉が嫌いなのですが、
これはポークとターキーとチキンが使われていて、
月は嫌いな味、という点でした。

とりあえず貰って行き、
家で試してみました。

フィーダーも買って帰りました。

猫胃腸炎26


給餌は、ティースプーンひとさじ程度の量から始めるように言われました。
それで吐かなかったら、少しずつ量を増やして、
3時間おきくらいに給餌します。

あげてみたところ・・・・・。

猫胃腸炎28


ぶへぇぇぇぇぇっ!!!
って感じで、ものすごい形相で吐き出していました(笑)

後でこの画像を見て、思わず爆笑してしまい、
月の両親と暮らしている友人に、
LINEで画像を送ったところ、
やはり爆笑していました^^;

可哀想なんだけど、ついつい我慢できずに笑ってしまう、
いけない飼い主・・・^^;


食べ物も薬も ぺーッ!!! して吐き出すので、
月という綺麗な名前をつけたのに、
この日から月は、 ペー子 と呼ばれるようになりました(苦笑)


ペー子に給餌していると、
事情の分かっていない星が、
自分にもくれと横取りしに来ます。

毎回グイグイ押されるので、
非常に給餌がやり辛かったです。

猫胃腸炎29


ペー子の残したフードは、
全部星が平らげていました。

星は、薬入りのフードも普通に食べていました。

ペー子ではなく、星が胃腸炎になっていれば、
だいぶ楽だっただろうに・・・と心底思いました。

猫胃腸炎30


強制給餌をすると、片手で猫の頭を押さえて口を開かせ、
もう片手でフィーダーを持つのでカメラが持てない為、
ほとんど写真は撮れませんでした。
上の写真は友人に様子を送るため、
娘に撮ってもらった写真です。

水も自分では飲めなかったので、
シリンジであげていましたが、
ペットちゃん用のポカリをあげました。

うさぎさんの術後用に買っていたものだったのですが、
まさか猫に使うとは思っていませんでした^^;

ちなみに、これはペーッとせずに飲んでいました(笑)

猫胃腸炎27


ひどい脱水症にはなりませんでしたが、
吐き気止めの注射をしに毎日病院に通院したので、
病院で点滴もしてもらっていました。


お肉のペーストをなかなか食べてくれないので、
お魚のカリカリをフードプロセッサーにかけて、
柔らかくしてみましたが、
全く食べませんでした。
月は、猫缶が嫌いでカリカリが大好きなのですが、
カリカリは、カリカリしていないと嫌みたいです。
とにかく普段から、好き嫌いの多いペー子・・・。

猫胃腸炎31


お魚味や、なんとか食べられるささみ味の介護食を買いました。

猫胃腸炎32


これらのフードは、病院のペーストよりも粒が大きいのにとても水分が多く、
フィーダーの先を粒が通らないのに、
水分だけはポタポタ垂れてきて、
とてもあげ辛かったです。

ふんぬぬぬぬぅぅぅ〜〜っ!!!
っと力を入れて押し出さないと粒が通らず、
通っても、勢いでブシャーッ!!!と飛び散り、
猫も自分も部屋もフードまみれ、
という事態になりました。

病院に相談したところ、
先生が作った、細い先の部分を切り取ったシリンジを頂きました。

猫胃腸炎34


・・・と、こんな事を毎日続け、
2週間くらいでペー子は良くなっていきました^^;

猫胃腸炎35


散々月の嫌がる事ばかりしていたので、
嫌われるかもしれないと思いましたが、
そんな事はありませんでした。

かえって、病気になる前より、
後の方が信頼している感じがします。

猫胃腸炎36



今回、血液検査はモチのロン、
レントゲン、腹部エコー、
内視鏡までやりましたが、
激しい嘔吐の原因は全く分かりませんでした。

1日数分の服の練習を数日行っただけで、
胃腸炎になった猫ちゃんは今までいなかったそうで、
服が原因かどうかも結局分かりません。

避妊手術後、しばらくはカラーをつけていたのですが、
結局カラーでは傷に届いてしまい、
途中から服を着せる事になってしまったのですが、
練習では暴れていた月も、
手術後は着なくてはいけないと納得いったのか、
我慢して着ていました。

猫はとても賢いので、
納得さえしてくれれば、我慢してくれるのかも知れませんね。


この後、予定より少し遅れましたが、
無事避妊手術は出来ました。

次は、その様子をまとめたいと思います。

長い記事を読んでくださった皆様、
どうも有難う御座いました。

猫胃腸炎37



別窓 | ニャンコ | コメント:18 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

猫、来ました

2014-11-27 Thu 01:06



こんばんは!

23日の日曜日、
友人宅へ、月と星を迎えに、
家族で行って来ました。


主人が、猫持ち担当。
猫好きなので、笑顔(モザイクで分からないけど)!

11月23日−1


こちらも、嬉しそうな娘!

11月23日−2



友人宅へ着くと、
月はキャットタワーにいました。

11月23日−3


星は、お部屋をブラブラしていました。。。

11月23日−4


お食事したり、娘と友人がテレビゲームしたりして、
楽しいひと時を過ごした後、
夕方になり、家へ帰ることに。。。

家族と、生まれたお家、
ずっと見守ってきた友人夫婦とお別れです。

11月23日−5


電車の中では、主人が大事に、
キャリーバッグを抱えていました。

11月23日−6


初めての電車。
ちょっと大きい音に驚いています。

11月23日−7


ですが、すぐに慣れて、寝てしまいました(笑)
けっこう大物達、ですね^^;

11月23日−8


家に着きました!
寝起きなので、ちょっとボーっとしています。。。

11月23日−9


月は、人懐っこくて、
すぐに娘と遊び始めました。

星は、月が遊ぶのを、じっと観察しています。

11月23日−10


その後、すぐに星も遊び始めました。

11月23日−11


どのタイミングで、青と会わせようか考えていたところ・・・

(アオ)ちょっと! 帰ったなら、早くここから出しなさいよ!
(サンゴ)ゴメン、ゴメン(汗)

11月23日−12


(アオ)おなかすいたんだけど!
(サンゴ)ハイハイ

11月23日−13


(サンゴ)猫、来たんだけど?
(アオ)??? それより、ごはん!

11月23日−14


青を出したら、月が挨拶しに来ました。
ちょっと腰が引けちゃっています(苦笑)

(アオ)だれ?
(ツキ)えっ、えっと・・・
    ツキです・・・・・

11月23日−15


(アオ)よろしくね
(ツキ)ど、どうぞ、よろしく(汗)

11月23日−16


ご飯は、青と月と星、
みんなで食べてもらいました^^

11月23日−18


星が食べている、猫ちゃんのカリカリフードが、
気になって仕方がない青・・・

11月23日−17


食後、こんなところでくつろぐ青くん・・・

(サンゴ)こら! そんなところでゴロンしてると、
     猫さんに食べられちゃうかもよ!(苦笑)
(アオ)平気、平気!

11月23日−19


・・・・・と、まぁ、
こんな感じに、初日は過ぎて行きました。

日頃、青くんの態度のデカさを、
青くんをお家にお迎えして、
一緒のお部屋に住んでからというもの、
嫌という程味わってきた私は、

青くんは猫が来ても大丈夫だな

と、内心、思っていましたが、

一応ウサギだし、ひょっとして、ひょっとしたら、
プルプル震えちゃったりして、
青くんが可愛そうなことになったらどうしよう・・・
そうならないように、注意しなきゃ!
とも、(ほんの少しだけ)思っていました。

が、想像通り、万が一にも、
そんな事はありませんでした・・・

月と星もだいぶ家族に慣れて、
毎日、あまりに青くんが、
リビングに出たがるので、
とうとう猫と一緒にリビングに放す、
ということにチャレンジしましたが、

その結果、力関係がはっきりしました。

別に、青くんが、猫に何かしたわけではなく、
あまりに、堂々としているので、
こういう結果になってしまいました。

1位 青
2位 星
3位 月

12月7日の日曜日に、
うさぎさんの撮影会が、
青を買ったお店であるのですが、

可愛い衣装を来て、
おとなしく撮影、なんて、
絶対無理でしょう・・・

まぁね、
逞しく育ってくれて、
嬉しい限りです(苦笑)

いきなり、青をリビングに放す前に、
キャリーケースに入れて、
様子を見ようと思ったのですが、

お気に入りのキャリーケースは、
「ここから出せ!」と、怒った青くんに、
破壊されてしまいました。

猫二匹は、それを見て、
ビビっていました・・・

ハハハ(笑うしかない私・・・)


今日の、

リビングでうさぎさんとネコさん、こんにちは、の巻

は、
後日、画像をアップしたいと思います。



別窓 | ニャンコ | コメント:30 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ニャンコの成長っぷり

2014-10-08 Wed 01:24


こんばんは


友人宅の赤ちゃんニャンコ達は、
日々すくすく育っているようです


ゴミ箱とニャンコ




離乳食が始まったそうで、
かりかりのフードをお湯でふやかし、
すり鉢で、擦ったものにミルクを混ぜ、
つみれのようになったものを、
あげているそうです


離乳食


友人曰く、
見た目、すごく不味そうだ
と・・・

ニャンコには大好評らしいです


お食事風景



トイレトレーニングも、
始めているとの事です


月星トイレトレーニング



月と星は、いつも一緒に遊んでいるそうです


月星2


どちらが月でどちらが星なのか、
私にはさっぱり見分けがつきませんが、
星は顔の半分が黒く、
仮面をかぶった様な色になっているそうなので、
家に来て一緒に暮らすようになれば分かるでしょう(苦笑)


月星1



うさぎさんのおうちも準備出来ました
明日、仕事が終わったら、
うさぎさんのお店に見に行って来ようと思います

冬にニャンコが来るので、
テリトリーは完全に分ける予定なのですが、
うさぎさんがびっくりしないように、
あまりおとなしくない、
元気な子がいいかなと思っています

前の子は、図々しいくらい、
元気な子だったので、
そんな感じの子がいたらいいな〜


うさぎさんのおうち



月末と月初め、お仕事が忙しくて、
夕飯を作る事をさぼっていました

外食が多くなり、
揚げ物とかお肉が多く、
野菜が少なめになっていました

こってりした食べ物が苦手なのに、
外食ばかりだなぁって思っていたら、

今朝起きたら、急に、
大きな口角炎が口の端に出来ていて、
ちょっと口を開けるだけでも痛くて、

とりあえずビタミン剤を飲みました

明日、チョコラBBでも買って来ようかなぁ。。。

前に、ゴーヤチャンプルーを作って食べたら、
一日で治った事がありました!

やっぱり野菜は大事ですねぇ・・・・・

別窓 | ニャンコ | コメント:21 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

赤ちゃん猫の名前を決めました

2014-09-04 Thu 22:10

こんばんは

明日からお仕事なのですが、
夜6時ごろ、
会社の同僚から電話が有り

私のパソコンを、間違えて初期化してしまい、
恐らくデータが全て無くなった

との連絡が有りました・・・

あれこれ、試行錯誤したのですが、
どうにもならなくて・・・
と、ものすごく悲壮感漂う電話で、
逆に、ちょっと可哀想になってしまい、

時計を見ると、6時過ぎで、
うちの会社は、5時でほぼ定時上がり出来る会社なので、

もう夜だから、おうちに帰った方が良いですよー

って、言いました^^;

どこをどうやったら、
初期化しちゃうのか分かりませんが、
してしまったようで、

明日会社に行かないと、
どういう状態なのかは分かりませんが、

本当にすいませんが、
最悪の状態と考えておいて下さい

って言っていました

消しちゃったものは仕方が無いですよね

どうにもならないですし

でも、さすがに、
電話を切った後、
3分くらい、放心してしまいました^^;



赤ちゃんニャンコ達は、
すくすく元気に育っている様で、

友人から、
また写真を頂きました^^

こんぶとあかちゃんとごはん


↑ の子達が、
我が家に来るそうです^^

今はまだ、目も開いていなくて、
耳も塞がっているそうで、
嗅覚だけで、お母さんや、
兄弟を嗅ぎ分けているみたいです

うちは、昼間、
誰もいなくて留守になるので、
親や兄弟から離れて、
子猫ちゃんが寂しくないように、
2匹お迎えする事にしたのですが、

この二匹が、
いつも一緒にくっついていて、
とても仲が良いのだそうです^^


友人は、毎日体重をチェックしていて、
今日は、200gくらい、だったらしく、
順調との事です^^

ちょっと前に、
こんな画像が送られて来ました ↓

ニャン日誌


この日誌では、
まだ名前が入っていなかったので、
決める事にしたのですが、

私は宇宙が好きなので、
天体やお星様の名前にしようと思っていました


はじめ、
地球と月
の意味で、
テラ(イタリア語で地球)
ルナ(イタリア語で月)

は、どうかな? と思っていたのですが、

ルナとなると、女の子っぽいので、
性別を聞いてみたところ、
まだ、はっきりと分からないとのことでした

すると、友人が、

次にニャンコを飼うとしたら、
月 と 星 に、しようと思っていた、

と言うので、
じゃあ、それ、いただき!

という事で、
月 と 星 になりました^^

右側の三毛ちゃんが、星 で、
左のサバトラちゃんが、月 です

月と星


いつも、体重を量り終わると、
一目散に、お母さんニャンコのところに、
戻って行くそうです

嗅覚だけで、
母の所に戻る姿に、
友人は、感動したそうです

月と星2


私は、そのことよりも、
人間に虐待されていた、
保護ニャンコだった母猫ちゃんが、
今は飼い主である友人を信頼して、
赤ちゃんの育児放棄もせず、
体重を量るのをのんびり任せているところが、
本当に感動しました

はじめに友人の家に来た頃は、
触らせないどころか、
姿を全く見せず、
ご飯の時間以外は、
ずっと隠れていたそうです

今回の妊娠でも、
病院の先生に、
飼い猫の場合は、
お産に備えて、エコーなどで、
何匹赤ちゃんがいるのか、
予定日がいつ頃なのか、
普通は調べるそうなのですが、

友人宅のニャンコの場合は、
虐待経験があるので、
色々診察する事が、
かえってストレスになったり、

お産を見られていると分かると、
赤ちゃんを食べてしまったり、

そういう事が多々あるそうで、
病院では調べない方が良いと、
お医者様に言われ、
友人は、とても心配していました


でも、お産前に、
母ニャンコが風邪を引いてしまい、
仕方なく病院へ行く事になり、
赤ちゃんに影響の無い抗生物質を頂き、
体調が悪いまま、
お産を迎える事になりました


夜11時頃、
お産が始まってから、
あまりに赤ちゃんがみゃーみゃー鳴くので、
友人がたまりかねて、
様子を見に行った所、

床で、産まれたばかりのヌルヌルの赤ちゃんが、
濡れたまま、転がっていたそうで、

慌てて、タオルと、
湯たんぽで暖めたそうです


もし、見守る方向で、
何もしていなかったら、
死んでしまっていたと思います


母ニャンコちゃんは、はじめ、
自分に何が起きているのか、
全く分かっていなかったようなのですが、

お産が落ち着いてから、
赤ちゃんをお乳の所に持って行ったら、
そこで初めて、
自分に起こった出来事を理解したらしく、

自分だけでは苦しくて、
どうにもならず、
とても不安だったのでしょうね。。。

友人を信頼することにしたみたいで、
大人しく、産まれたばかりの赤ちゃんを、
任せていたみたいです



今では、友人に、
すり寄って来たり、
触らせてくれたりするようになり、

お産が落ち着いたら、
もっと甘えてくれると嬉しいなぁ、
と、友人は言っていました


子育てに熱中し過ぎて、ときどき、
ご飯を食べる事を忘れてしまうらしく、
友人が、ご飯を運んであげているそうです


我が家に来ても、
元気にすくすく育って欲しいと思います^^

ニャンズの授乳


ちなみに、うさぎちゃんの名前は、

れんげ

になると思います

涼しくなったら、
見に行こうと思っています



あー、
溜まった仕事と、
パソコンの事を考えると、
明日、会社へ行くのが恐ろしい・・・・・

恐らくまた、
自分のブログの更新は、
少しの間、出来なくなると思いますが、

皆様のところへ、息抜きに
遊びに行かせて頂きますので、
どうぞ宜しくお願い致しますぅぅっ(泣)


別窓 | ニャンコ | コメント:22 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月夜の散歩 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。